バスの運転手が、深夜にさまよう迷子の犬2匹を拾って保護


バスの運転手が深夜にさまよう迷子の犬2匹を拾って助ける出来事が、先日、米ウィスコンシン州ミルウォーキーで起こった。

other
ミルウォーキー郡交通システム(MCTS)のドライバー、ジェイミー・グラボウスキさんは、バスの運行業務を終えて走行していた時、2匹の犬が道をさまよっているのに気が付いたと、『ABC News』が伝えている。

この日は寒い上、他の車にひかれないか心配で、「こんな所に放置しておく訳にはいかない」と思ったジェイミーさんは、「そこの2人! 家に帰りましょう! はやくバスの中に乗って!」と2匹に語り掛け、バスに乗せてあげたという。ジェイミーさんは、2匹を暖かいバスに乗せた後、警察に通報。警察官が到着するの間、車内で2匹の犬と一緒に遊んであげたそうだ。

2匹の犬は、地元の動物管理局で保護された後、無事、飼い主と再会を果たした。飼い主のステファニー・ゴメスさんは、次のように語っている。「犬たちを届けるために時間を費やしてくれた方がいて、とても感謝しています」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む