プロポーズの瞬間を撮るよう母親に頼んだら・・・スマホの操作を誤り自撮りをしてしまう


今回は、プロポーズの瞬間を動画で撮影するよう母親に頼んだものの、スマートフォンの操作を誤って自分を撮ってしまったという出来事をご紹介しよう。

other
ニューメキシコ州在住のベンジャミン・スティール・ベーコンさんは、付き合ってから3年の彼女アンバー・グレイゴさんに、2人のお気に入りの場所である水族館のペンギンの展示の前でプロポーズをする計画を立て、母親にスマートフォンのカメラでその瞬間を撮影してもらうようお願いしたと、地元TV局「KOB」は伝えている。

母親のスーザンさんは、息子のお願いを快く引き受けた。しかし、プロポーズの瞬間、スーザンさんはスマートフォンの操作を誤り、インカメラを選択し、動画で自撮りをしてしまったのだ。

スーザンさんは、撮影に失敗た時の事を次のように振り返っている。「どのように操作するのか分からなくて、自分を撮っていた事に気が付いたら笑ってしまい、それにつられて皆笑っていました」。

プロポーズの瞬間は撮れていなかったものの、プロポーズは成功し、良い思い出になったようだ。プロポーズを行ったベンジャミンさんは、次のように語っている。「完璧な瞬間でした。一切後悔はありません。失敗した動画で爆笑できましたし、この瞬間を忘れる事はありません」。

https://www.kob.com/albuquerque-news/tech-goof-woman-records-herself-instead-of-marriage-proposal/5591099/


■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む