気前良過ぎ!ニューヨークの食料雑貨店の店員によるサービスが話題に【映像】

other
店の客に対して気前の良過ぎるサービスを行う、ニューヨークの食料雑貨店(ボデガ)の店員の動画がTikTokで話題を呼んでいる。

https://www.tiktok.com/@medmedmedyy/video/6786797633739427078
@medmedmedyy

If you solve this math problem (5x5) you'll have 5 second to get whatever you want in my store. 😂😇 #foryou

♬ original sound - medmedmedyy
「もし、この算数の問題(5×5は?)に正解したら、5秒間数える間にお店の中の好きな物を持っていって良いですよ」

店員のアーメド・アルワンさん(20)は、簡単な算数の問題に正解したら、5秒間数える間にお店の中の好きな物を好きなだけ持っていって良いというサービスを行い、その様子を収めた動画をTikTokに投稿している。

上の投稿の動画では、男性が「5×5は?」という問題を解いて、レジ周りやレジ前にあるスナックや果物をゲットしたが、「この男性は動きがかなり遅い」、「自分だったら走ってる」といったコメントが相次いだ。

「りんご10個を持っています。みかん4個を引いた時のりんごの数は?」という問題を解いた以下の投稿の男性は、カウントダウンが始まると急いでお店のトレイを手に取り、高級アイスやパンをトレイに載せていき、最後にはスピーカーをゲットした。

https://www.tiktok.com/@medmedmedyy/video/6791177062104222981
@medmedmedyy

If you have 10 🍎's take away 4 🍊's how much apples does that leave you with? #foryou#fyp

♬ original sound - medmedmedyy
「りんご10個を持っています。みかん4個を引いた時のりんごの数は?」

アルワンさんは、客の中には恵まれない人も多くため、その人たちの助けになればと思い、このサービスを始めたと米メディア『In The Know』のインタビューで明かしている。

アルワンさんは、次の様に語っている。「きっかけは、家から店に通う間に、多くのホームレスの人たちを目にする事や、この店には何年も通ってくれるお客さんがいる事です。お客さんを楽しませたり、サポートしたり、元気づけられるかもしれないと思ったのです」。

アルワンさんが同メディアに語った所によると、このサービスによる費用は給料でまかなっているという。また、地元ニュース局『News 12』のインタビューによれば、店のオーナーであるアルワンの父親は、このサービスを行う事を認めており、友人も協力してくれているとのことだ。

友人は、アルワンさんについて、この様に語っている。「誰であれ、人に悪い事が起きるのを見たくない様なタイプの人間です」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む