フランスのサッカー選手が、対戦相手の股間に噛みつき出場停止に・・・


フランスのアマチュアチームのサッカー選手が、試合後に対戦相手の選手の股間に噛みつき、5年間の出場停止処分を受けたと、『Goal.com』が伝えた。

other
11月に行われたアマチュアチームのSCテルヴィル対ASソエトリッチの試合後、ロッカールームにおいて両チームの選手同士で喧嘩が勃発。喧嘩はエスカレートし、2人はスタジアムの外の駐車場へと移動した。

そして、SCテルヴィルの選手が喧嘩をする2人を仲裁しようとした所、何と、ASソエトリッチの選手に股間を噛みつかれてしまったというのだ。股間を負傷した選手は、すぐに病院に運ばれ12針縫い、4日間仕事を休んだそうだ。

両チームが所属する、モーゼル地区のサッカー協会は、股間を噛みついたASソエトリッチの選手に5年間、噛みつかれたSCテルヴィルに6カ月の出場停止処分を言い渡した。

『ESPN』によると、同協会の懲罰委員会は、両チームの選手に処罰を決めるのに数カ月を要したとのことだが、同協会のディレクター、エマニュエル・セーリング氏は、「できる限り正確に事実を調べるため、目撃者による証言の収集を徹底的に行った」と地元メディア『Lorraine Actu』に語っているという。

https://www.youtube.com/watch?v=UWiKyj2kW4s


■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む