面会禁止となった介護施設で、窓越しに会話をする親子の写真が感動的と話題に


新型コロナウイルス対策で面会禁止となった介護施設において、窓越しに電話で会話をする親子の写真が「感動的だ」と注目を集めている。

other
以下は、ミネソタ州アノカにある介護施設「Whispering Pines Assisted Living」の看護助手の女性、サンディ・ハミルトンさんが、フェイスブックに投稿したもの。

https://www.facebook.com/sandy.hamilton2/posts/10216072856916549

「私の勤める介護施設は現在面会禁止だから、この男性は、父親に毎日会いに来ては、窓越しに電話で会話をしているんです。最も素敵な光景。SNSへの投稿は承諾済みです」

画像は、同施設の入居者、バーナード・ジョンソンさん(88)と、その息子のチャーリーさんが窓越しに会話をする姿を捉えている。投稿者のハミルトンさんによると、新型コロナウイルスの影響で同施設が訪問禁止となった後も、息子のチャーリーさんは、リタイアするまで機械工として働いていたという父親のバーナードさんに毎日会いに来ては、窓越しに電話で語り合うのだという。

投稿者のハミルトンさんは、地元テレビ局『KARE』に対してこう語っている。「この光景を見た時、泣き崩れてしまいました。だから、他のみんなにも共有したかったんです」。

同局によると、父親のバーナードさんは、軽い慢性の病気を複数患い、酸素吸入を必要としており、この施設に入居してから6カ月目だという。

息子のチャーリーさんは、この画像が注目を集めている事に対して、同局に次の様にコメントしている。「今、人々は、こういった物を必要としているのでしょう。ちょっとした混乱の中にあるこの国では、ちょっとした希望を必要としているのだと思います」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む