人のいなくなった街で撮られた写真が『ウォーキング・デッド』のポスターのようだと話題に


新型コロナウイルスの感染拡大の影響により人のいなくなった米アトランタの街で撮られた画像が、まるで『ウォーキング・デッド』のポスターのようだと、話題を呼んでいる。

other
ゾンビがはびこる米国を舞台にした人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。そのシーズン1の第1話で、主人公リックが馬でアトランタ市内へ入る象徴的なシーンがあるが、ツイッターユーザーのアフシン・シリンザデーさんは、このシーンを再現しようと、友人に頼んで、ロケ地で写真を撮ってもらったという。

文末の投稿の1枚目が『ウォーキング・デッド』からの画像で、2枚目が、そのロケ地となった「ジャクソンストリートブリッジ」という橋で友人に撮ってもらった画像だ。普段、この橋の下の高速道路は交通量が多いというが、2枚目の画像には、車が一台も映っていない。

この投稿は、すぐに話題となり、「(ポスターを)忠実に再現してる」、「忘れられない怖さ」といったコメントが寄せられた。

https://twitter.com/WalkingTrojen/status/1241201567597858816 「アトランタに住む、大学からの古い付き合いの友人にお願いして、『ウォーキング・デッド』シーズン1の象徴的なプロモーション画像の再現に挑戦してもらった。パンデミックが原因で、アトランタは道路ががら空き。そこで、友人は、ジャクソンストリートブリッジに行って、この写真を撮ってくれたんだ。実に不気味だ」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む