米国人一家の父親が、自主隔離でカオスと化した日常の瞬間を激写【映像】

other
とある米国人一家の父親が、自主隔離10日目のカオスな日常の瞬間をカメラに収めた。

https://twitter.com/Jason_Finegan/status/1245768048981741573 「自主隔離10日目で家族が壊れた。妻は跪いて熱唱し、子供はクリスマスの服を着ていて、犬は頭が変になっている」

新型コロナウイルスの感染拡大で不安が続く中、多くの人々の笑いを誘ったこの映像は、スポーツエージェントの男性、ジェイソン・フィネガンさんが、自主隔離10日目の朝に撮影し、ツイッターに投稿したものだ。

妻のレイチェル・アデデジさんは、バスローブ姿で跪き、映画『ボディガード』の挿入歌として有名な、ホイットニー・ヒューストンの"I Have Nothing"を熱唱。すると、これを見ていた愛犬のシーズーが、レイチェルさんを真似て吠えたかと思うと、季節外れのクリスマスの服を着た娘が、トイレトレーニング用の便座に座りながら、その鳴き声を真似るのだ。それでは早速、上の投稿の映像をご覧頂きたい。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む