ボリビアの3人兄弟、スパイダーマンになろうとクモにわざと噛まれ入院


南米ボリビアのとある町で、8歳、10歳、12歳の3人兄弟がわざとクロゴケグモに噛まれ入院するという出来事が起こった。

other
『New York Post』が、米国のスペイン語テレビ局「Telemundo」を引用して伝えた所によると、この兄弟は、クモに噛まれてスーパーパワーを手に入れたマーベルのヒーロー、スパイダーマンになろうと、クモを棒でつつき、故意にクモに噛まれたという。そして、兄弟が泣いている所を発見した母親は、すぐに兄弟を医療センターに連れていったという。

兄弟は、筋肉痛や震え、発熱などの症状があったため地元の病院に入院。そして、同国の都市ラパスにある小児病院へ移され、約1週間後に無事、退院した。

米ナショナルジオグラフィックによると、腹部に砂時計状のマークのあるクロゴケグモは、性質が穏やかで、自己防衛のためだけに人を噛むが、その毒は、ガラガラヘビの15倍もの毒性を持つとのことだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む