「フィールド・オブ・ドリームス」: それを守れば、彼らは来る(マドレーヌ・ボードマン)

それは1997年の夏だった。ビル・クリントンが大統領で、私は7歳。私はハンソン選手が大好きだった。私の家族は、アメリカ中西部を巡る、終わることがないと思われた旅の途中だった。8月のある日、私たちはアイオワにいた。

何時間も迷った後(その頃はカーナビなんてなかった)、道すがらのハンバーガーチェーンで食事をし、アルファベットゲームをして遊んだ。このひどい旅の終わりに、なんの変哲もないアイオワのトウモロコシ畑で父は車を止めた。父は私と姉のエミーに向かって、そこがフィールド・オブ・ドリームスと題された映画の舞台だと言った。私は ケヴィン・コスナーを理解するにはあまりにも子供だった。もし私が知っていることがあるとしたら、それは野球だった。私はゲームボーイから視線を外し、父と一緒に野球場を見に行くことにした。

私は野球が得意だった。私のイニシャルはメジャーリーグベースボールと同じMLBだったから、私の野球に対する強い興味はたぶん避けられないものだったようだ。父に連れられて初めて試合を見に行ったのは、私が生後6ヶ月の時だった。そして、シアトル·マリナーズの以前の本拠地だったキングドームの2階席で父と一緒に過ごす機会があれば、飛び跳ねながら野球を観戦するという子供時代を過ごした。ピーナツを食べながらケン・グリフィー・ジュニア選手の話をしてね。

私はフェンスにもたせかけてあった一番小さいバットを1つ、熱い思いを胸にしながら手に取った。当時の私には、メジャーでプレイする初の女性になるという大きな計画があったけど、1回試合をやって、アマチュアで良しとしようという考えに変わった。


私は順番を待った。イライラしながら、ショートパンツのポケットに手を突っ込んで。その時には、映画が公開されてから8年が経っていたので、長年の使用によって芝生はびっしりと生えて揃っておらず、ベースは原始的というしかない代物だった。だけど私にとっては完璧だった。

他の観光客が、手際よく9人の守備チームを結成した。それは私がキングドームで見てきたものとは比べものにならないものだったけどね。その混合守備チームは5歳から85歳の男女で構成され、個々の運動能力は様々だった。

何年もかかったように思えた後、私の番が来た。その試合のピッチャーを務める中年の男性が、私にあっと驚くボールをいくつか投げた(それらは間違いなく時速10マイルだった)。ティーボール(子供向きの、野球に似たスポーツ)とコーチが投げる球で何年も練習したのが功を奏した。私は2塁越しにゴロを放ち、一生懸命走った。ケッズ社製のひも靴のおかげで一塁を踏むことが出来た。私はフィールド・オブ・ドリームスでシングルヒットを打ったのだ。

その後何年も、その日が私の人生の中で最もエキサイティングな日だった。大学の卒業式は、僅かに及ばず2位ってところかな。

現在、開発会社のGo the Distance Baseball LLCが、3800万ドルを費やしてダイアーズビルのフィールド・オブ・ドリームスを完全に再設計しようと計画している。万一その計画が実現したら、元のシンプルで美しい野球場は24のグラウンドになるようだ。

ダイアーズビルの人々は、開発に対して懸念を表していて、私も彼らと同じ意見を持っている。

「それを作れば、彼らが来る」という皮肉は、私には通じない。その計画は、私がかつて恐れていたようなディズニー風の巨大な物にはならないと思う。だけど問題は、既に建設された、ということだ。彼らは既に来たのだ。

テレンス・マン役のジェームズ・アール・ジョーンズは映画の中でこう言う。「レイ、何年にも渡って変わらなかったものは野球だよ。アメリカはスチームローラーの大群のようなものに押し潰されてきた。黒板のように消され、再建され、また消されてきた。だけど野球はずっとそのままだ。このフィールドもこの試合も、僕らの過去の一部なんだよ、レイ。かつての栄光のすべてを我々に思い起こさせるんだ。そして、また栄光が戻ってくるだろう。レイ、人々はやって来るよ。人々は必ずやって来る。」

現在のフィールド・オブ・ドリームスは、元のフィールド・オブ・ドリームスのままで、全く彼の言う通りだ。それは過去の一部で、過去の栄光や、再び栄光がやってくるということを思い起こさせるものだ。

現在のフィールド・オブ・ドリームスはGo the Distance Baseball LLCが約束するような儲かるものではないかもしれない。だけどその簡素な中に、完璧さがある。それは象徴的な「ここは天国 ? 」という質問に対して、「いや、アイオワだよ。」と人々に答えさせる。そこは観光客が、映画の登場人物たちのようにフィールドに足を踏み入れ、野球がすべてで野球だけが大切だという世界に思いを馳せることが出来る場所だ。そこは、7歳の痩せっぽっちの子供がちゃんと15分待つことができて、全く知らない人たちと即興のゲームを楽しむことができ、ベーブ・ルースのような気分になれる場所なのだ。

今回はジェームズ・アール・ジョーンズの不変の名言を変えて、主張しなければならない : それを守れば、彼らは来る。人々は必ずやって来る。


(原文:'Field Of Dreams' Development: If You Save It, They Will Come)
-------------------------------

マドレーヌ・ボードマン
Huffington Post エンターテインメント・エディター

翻訳サービス | Gengo
続きを読む